« JIS Q 15001の改定に関する意見募集要領 | トップページ | 「会社法施行規則」、「会社計算規則」、「電子公告規則」が公布されました。 »

2005年12月15日 (木)

JALがANAに対する特許訴訟の請求を放棄

チケットレスサービスに関する特許権を侵害されたとして、JALがANAを相手に損害賠償などを請求していた訴訟で、JALは2005年12月13日に請求を放棄したと報道されています。

この事件は、ANAが運営している法人向け国内線予約・発券サービスが、JALの保有しているビジネスモデル特許(発明の名称「ID情報利用の搭乗券発行システム」、特許登録番号:3179409号)を侵害するとして、ANAを2004年7月23日に東京地裁に提訴されたものです(拙著SEのための法律入門17頁以下参照)。

新聞報道によれば、来年1月に判決を予定していたらしいのですが、ANA側が申し立てた特許無効審判でANA側の主張を認める判断を下したことから、JALは訴訟の取り下げを申したてたが、ANA側が応じなかったため、請求を放棄したようです(訴えの取り下げは、一定程度訴訟が進行すると訴えの相手方(この場合ANA)が同意しないと認められません。訴えられた側が判決を受ける利益を保護するためです。請求の放棄は、原告が自らの請求に理由のないことを認めるもので、敗訴判決と同一の効力が生じます(被告からすれば勝訴判決)ので、被告の同意なしに行うことができます)。

この訴訟は、報道で大きく取り上げられたので、結構判決を楽しみにしていたので少し残念です。無効審判の判断を見ていないので何ともいえませんが、ビジネスモデル特許というのは、仮に成立しても射程範囲はやはり狭いということかもしれません。

2005年12月22日追記
本件に関するANAのプレスリリース

http://www.ana.co.jp/topics/notice051221/index.html

|

« JIS Q 15001の改定に関する意見募集要領 | トップページ | 「会社法施行規則」、「会社計算規則」、「電子公告規則」が公布されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JALがANAに対する特許訴訟の請求を放棄:

» 日航が全日空への請求放棄(特許無効審判により特許侵害がなくなったため) [情報化の現状と未来]
 JALは特許権を侵害されたとして、ANAに100億円の損害賠償などを求め東京地 [続きを読む]

受信: 2005年12月16日 (金) 16時20分

» ANA@deskに関する特許訴訟の全面勝訴について [☆組ウォッチャーとAMC活用日記 2005年(再)第2号]
ANAサイトより ANA@deskに関する特許訴訟の全面勝訴について 平素はANAをご利用いただき、誠にありがとうございます。 昨年7月、(株)日本航空インターナショナル(以下JAL)は、弊社グループの「ANA@desk」が特許を侵害しているとして156億円の支払いを求める訴訟を東..... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 08時13分

» JALがANAを提訴した特許の顛末 [ぐ~たら夫婦の旅日記]
JALがANAを相手に約100億円の損害賠償とシステム使用中止を求めていた訴訟は... [続きを読む]

受信: 2006年2月10日 (金) 22時02分

« JIS Q 15001の改定に関する意見募集要領 | トップページ | 「会社法施行規則」、「会社計算規則」、「電子公告規則」が公布されました。 »