« 新職務発明制度の取組状況のアンケート結果 | トップページ | システム各社、顧客との契約内容明確化に動く »

2006年3月28日 (火)

JIS Q 15001:2006への移行計画

JIPDECのサイトでJIS Q 15001:2006への移行計画が公表されています。

http://privacymark.jp/pr/20060317.html

概要によると、JIS Q 15001:2006は、2006年5月中旬に制定される予定のようです。新JIS制定が予定通りだと、2008年11月にはすべての認証取得事業者が、新JISに移行することになる(更新時に、新JISに移行しなければならない)ようです。

前倒しの申請も可能となっているので、詳細は上記URLを参照してください。JIS Q 15001にはいろいろ批判もありますが、これまでのものよりJIS Q 15001:2006のほうが合理的であると思われる部分が多いので、前倒しの更新をすることも一定の合理性があるように思います。

参考:JIS Q 15001:2006改定案
http://www.jisc.go.jp/jisc/pdf11thMSS/11_1JISQ15001_D2006.pdf

|

« 新職務発明制度の取組状況のアンケート結果 | トップページ | システム各社、顧客との契約内容明確化に動く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125798/8995076

この記事へのトラックバック一覧です: JIS Q 15001:2006への移行計画:

« 新職務発明制度の取組状況のアンケート結果 | トップページ | システム各社、顧客との契約内容明確化に動く »