« ヤフーBB事件大阪地裁判決について(その2) | トップページ | 内閣府:製造物責任法の運用状況等に関する実態調査 »

2006年8月10日 (木)

知財信託の話題

あいかわらず、浸透していない印象の知財信託ですが、知財信託での動きが二つほど報道されています。

一つは、三菱UFJ信託銀行が、IPトレーディング・ジャパン、アイ・ピー・エックスという専門仲介業者と提携するというもの。

 プレスリリース:知的財産権信託における「業務提携に関する覚書」の締結について 

もう一つは、コクヨ株式会社がグループ企業の知的財産を集中管理・活用する信託業を開始したというもの。

 プレスリリース:グループ内の知的財産を管理・活用する信託業を開始

グループ企業の管理信託については、信託業法51条で特例が設けられ、信託業法上の義務がいろいろと免除されているので、これからもっと増えてくるのではないかと思います。三菱UFJ信託銀行の件は、なかなか苦戦している中での提携かなという印象ですが、個人的には、知的財産信託はおもしろいスキームだと思っているので、いい傾向ではないでしょうか。

|

« ヤフーBB事件大阪地裁判決について(その2) | トップページ | 内閣府:製造物責任法の運用状況等に関する実態調査 »

コメント

中国の知識産権局も知的財産権の担保化に拍車をかけているらしいです。
http://www.sipo.gov.cn/sipo_English/specialtopic/iprspecial/200611/t20061116_121968.htm

自分のブログにはしばらく書いていませんが国際知財の話ならいつでもお気軽にrakow73@hotmailまで。

投稿: アギー・ラコー | 2007年2月12日 (月) 13時47分

ブログは一応こちらです:http://ip-news-usa.blogspot.com/

投稿: Augie Rakow | 2007年2月12日 (月) 13時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/125798/11371890

この記事へのトラックバック一覧です: 知財信託の話題:

» medication levitra [medication levitra]
bum boric:Eve:affectionately controller [続きを読む]

受信: 2007年7月 4日 (水) 11時13分

« ヤフーBB事件大阪地裁判決について(その2) | トップページ | 内閣府:製造物責任法の運用状況等に関する実態調査 »