2005年11月11日 (金)

法廷内撮影・イラスト描写についての最高裁判決

和歌山毒物カレー事件での被疑者の容ぼう等を撮影した行為及びその写真を写真週刊誌に掲載して公表した行為や、被告人の容ぼう等を描いたイラスト画を写真週刊誌に掲載して公表した行為が違法となるかが争われた事件の最高裁判決がでました。

平成17年11月10日 第一小法廷判決

いわゆる「肖像権」については、下級審レベルではそこそこ判決がでているのですが、最高裁での判断はあまりなく、注目すべき判決ではないかと思います。

続きを読む "法廷内撮影・イラスト描写についての最高裁判決"

| | コメント (0) | トラックバック (0)